任せて安心な海外ウエディングプランナー

>

できる範囲で、やりたいことを

オーソドックスな式とは?

挙式に披露宴がつく形は日本では当たり前ですが、海外挙式の場合、式は海外で挙げて、披露宴は国内で行う、というケースもあります。
全て海外で済ませる場合も、親族だけで食事会をするなど、いろいろな事情で形を変えることがありますね。
海外ウエディングは、ひな形が決まっていませんから、比較的自由に作ることができます。
そうした提案ができるプランナーさんになら、プランニングだけでなく、費用面などでも相談しやすいはずです。
型に嵌った流れだけでなく、今迄になかった新しい形にも、新郎新婦の希望なら叶えようとする意欲を持った人にお願いしたいですね。
国内でのしきたりや縛りを上手く開放できるやり方にトライできるのは、海外ウエディングの大きな利点でもあります。

その国の文化や婚礼の歴史を踏まえる

日本でイメージする日本式の海外ウエディングではなくて、海外で挙式を行う意味を重視するのであれば、その国の文化や習慣をしっかりと把握しておく必要があります。
新郎新婦は勿論ですが、プランナーさんもそういったことをきちんと理解してくれていないと困ります。
細かいところでは、ドレスの意味やブーケに使う花の意味、披露宴にあたる食事会やゲストへの対応など、あらゆることを確認していかなければいけませんから、現地とのやり取りや現地スタッフとのコミュニケーションなど、幅広い知識や柔軟性が求められます。
トラブルについても、国内とは違った類のものになりますから、全体的に高めのスキルが求められるのが、海外ウエディングプランナーです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る