海外ウェディングはプランナーが重要!プランナーの選び方は?

任せて安心な海外ウエディングプランナー

気を配る範囲は無限にあります

開放的な雰囲気でのウエディングを想像することが多いと思いますが、日本以外は全て海外ですから、どんな形の式でも「海外ウエディング」です。 イメージに誘導されることなく、本当に望んでいる場所で式を挙げられることは、新郎新婦だけでなく、親族や招待客にとっても、特別な一時になるのではないでしょうか。

できる範囲で、やりたいことを

国内に比べて海外の式は、できることとできないことが違ってきます。 国内と全く同じようにするためには、その分手間や費用がかかるなど、想定外の事態になることもイメージはしておくべきです。 せっかく海外でのウエディングですから、その国らしいことを組み込んだプランが自然ですね。

イメージコントロールされている?

新郎新婦だけでなく、海外の挙式には、親族や参列するゲストにとっても不安なことが多いのではないかと思います。
人生にそう何度もない結婚式、それを海外でというのですから、戸惑う事や心配事も多いのが普通なのかもしれません。
そうした全ての人達の気持ちや状況を把握して、そうしたネガティブをいかに取り除いてくれるか、楽しく、素晴らしい思い出として残してくれるかは、ウエディングプランナーさんによるところが大きいです。
日程の全て、イベントの全てに、それぞれ担当がいるのであれば、専門的にアシストができますが、海外ウエディングという大きな括りでは、ウエディングプランナーの手腕によるところが大きいのもまた事実です。
安心して任せられる、一緒に式を盛り上げてくれるようなプランナーさんにお願いしたいのは、皆同じ事です。
日本は島国らしく、様々なところに独自の文化を発展させてきました。
それを当たり前としていては、海外で非常識ととられることもありますよね。
特に冠婚葬祭については、その国独特の考え方が出てくるものです。
おめでたいこととはいえ、外国で失礼になってしまっては苦い経験となり、良い思い出どころかやり直したいほど悲しい思い出になってしまいます。
その国の基本的な情報や、ウエディングの知識をしっかりと押さえていて、なおかつ海外という非日常な舞台で満足できるウエディングを仕切ってくれるプランナーさん、どんな人にお願いすればいいでしょうか。

人柄はキーになります

どんなに手厚い手配会社であっても、どんなに経験が豊富であっても、新郎新婦との相性や、仕事に対する熱意によって、良いプランナーさんかどうかは違ってきます。 「あなたにお願いしたい」と思えるプランナーさんであれば、大抵の事はカバーできるはずです。

TOPへ戻る